節約をマスターしてパート薬剤師になろう。考え方編

節約

どうも人生を楽に、楽剤師です(*^^*)
パート薬剤師やってます。(*^^*)

今日はパート薬剤師になるための一番大きな近道と言っても過言ではない節約について記していこうと思います。まずは本日のポイントです。

時間単価とリセールバリューについて


節約に関して一番参考にしている本はこちら。こちらをベースとした楽剤師流 節約術について紹介していきます。

本当の自由を手に入れるお金の大学 | 両@リベ大学長 | 家事・生活の知識 | Kindleストア | Amazon
Amazonで両@リベ大学長の本当の自由を手に入れるお金の大学。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

リベ大 両学長の本です。僕は勝手に師匠と呼んでおります。友達にも師匠の教えを布教しまくっています。もはや薬剤師というか宣教師です。両学長とはなんぞやという方に説明します。YouTubeやTwitterなどで無料にてお金や生き方について情報発信をしている方です。

初めて聞いたという方はぜひYouTubeの動画を見てください。動画をサクッと見るだけで年間二桁万円の節約に成功したも同然です。


お金以外にも人生論の動画がためになります。僕はそっちの方が好きだったりするのですが、今回は皆さん大好きお金についてです。まずはお金の方が気になりますよね?人生論の方も追々記事にします。楽に生きていく上ではちゃめちゃに役に立ちますので。

お金も気になるけど人生論も気になるよって方のためにYouTubeで検索すべきワードだけ書いておきます。両学長+以下のワードで検索して見てください。

・価値観マップ
・原因自分論
・質問力
・関わってはいけない人

それでは今回の本題である節約について布教していきます。まず節約する前に理解しておくべき考えが2つあります。

・時間単価
・リセールバリュー

この2つを理解していないと節約と浪費の区別がつかなくなります。とても重要な考え方です。これらを考えてものを買うと良いです。いっけん高い買い物のように思えても実はこっちの方がお得だったということが多々あります。

まず1つ目の時間単価についてです。時間単価とは師匠の言葉を借りて説明すると「給与に対して、仕事のために使っている全ての時間」で算出した価値のことです。

式にするとこうです。
時間単価=1ヶ月の給与÷労働時間(通勤時間を含む)
計算して見ましょう。細かい数字は適当なので各々当てはめて見てください。

時間単価の例(赤字は通勤時間です)
A. 30万円÷200hr(160+40)=時給1500円
B. 30万円÷170hr(160+10)=時給1764円

両者とも給与と実際の労働時間は変わりません。違うのは通勤時間だけです。通勤時間に差が出ることで時間単価に264円の差が出ます。1時間あたりに264円の差です。通勤時間って結構大きいですね

多少家賃が上がっても通勤時間を加味した時間単価で時給を考えてみます。節約と考えることもできるのではないでしょうか。

身近な例だと10円安い牛乳を買うために、最寄りより片道10分遠いスーパーに買い物に行くなどでしょうか。10円節約するために20分使用しています。

あなたの時間単価が1500円と考えると、20分には500円の価値があります。20分かけて10円節約するより、20分残業した方が金銭的にはお得になります。

まぁ残業はしたくないですけど、考え方ということで(*^^*)

2つ目のリセールバリューについてです。これを使いこなせると節約の幅が大きく広がります。リセールバリューとは買ったものが売るときにいくらで売れるかという考え方です。

10万円で買ったものが5万円で売れたら実質5万円で買い物ができたことになります。

物にはリセールバリューが高いものとそうでないものがあります。買う際にリセールバリューを意識するとお得にお買い物することができます。

スマホの例を見て見ましょう。iPhone11 64GB発売当時8万円程でした。これを1年間使って先日発売されたiPhone12に乗り換える場合で考えてみます。

iPhone12は85000円で買うことができます。そして今まで使っていたiPhone11を売ります。メルカリで相場を確認して見ましょう。5万円前後で取引されています。

8万円で買ったiPhone11が1年後に5万円で売れているので、実質3万円でiPhone11を買ったことになります。

iPhoneを毎年最新のものに買い換える。毎年10万近いものを買って無駄使いのように見えます。ところがリセールバリューを考えると実質3万円程で毎年最新のiPhoneに乗り換えることができます。

スマホは毎日触るものなので、新しければその分動作も早くなります。作業のスピードが上がるので時間単価にも影響が出ますね。

今回はスマホで考えました。これを車や高級時計で考えると面白いことになります。買った時より値段が上がることもあります。

700万で買ったロレックスが数年後に900万を超えることもあるみたいです。リセールバリュー恐るべきですね。まず頑張って700万のロレックスを変えるようになるところからですけど(*^^*)

ぼくのリセールバリューの使い方です。ブックオフで漫画全巻セットを買います。買うときに相場をチェックしてから買います。読み終わったらメルカリに出品します。

リセールバリューが高い漫画だと漫画を楽しめた上にお金も儲かることがあります。儲からなくても実質負担数千円で漫画全巻読めるのでレンタルより安かったりします。しかもゆっくり読めます。

パート薬剤師そこまでお金がないので助かっています(*^^*)

漫画以外にも色々な買い物に応用できます。仕事を辞めてパートでのんびりやりたい。しかし趣味でお金使いたいしというそこのあなた。

趣味のジャンルにはよりますが、リセールバリューを意識するとお金をかけずに趣味に勤しめるかもしれませんよ。

というわけでここまで節約の考え方。重要項目、時間単価とリセールバリューについてでした。この考えを踏まえて次回は楽剤師流 節約術 実践編にいきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。感想・気になること・改善して欲しい点などあればコメントお願いします。特になければ(*^^*)だけでもコメントもらえると励みになります。


人生を楽に、楽剤師でした(*^^*)
それでは(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました